北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 02日

サビタの花 ノリウツギの花

恐山街道沿いに白い花がいっぱい咲いています
なんの花なの
ノリウツギかな
いま、一番たくさん咲いているのはノリウツギでした。
むかしむかしの歌に、「サビタの花」というのがありました。
ひとりでは歌えないけれど、
歌詞とメロディーをきかされれば、なんとか歌えるぐらいのむかしの歌。

でもサビタという花の名は、北海道の人ならわかるでしょうね

サビタの花はノリウツギの花のこと。
青森、岩手、秋田のノリウツギの呼び方が、北海道で「サビタ」の花に定着したらしいです。

空木と言うくらいだから真ん中がやわらかい。
2~3センチの太さのサビタの木の中心に五寸釘のあたまをあてて、釘の先のほうを金槌でたたくと、随の部分がとれる。これを針のいれものにしたそうな。
パイプにもしたと。銛の首の部分にも。シャンプーにも。いろいろと用途があったのだね。
e0039759_22155595.jpg
e0039759_22163113.jpg
e0039759_2216565.jpg
e0039759_22174584.jpg


「サビタの花」の唄がありました。http://omfuji.jp/music/sabita.htmlにメロディーがありますのでうたえます。

作詞 大倉芳郎 作曲 原六朗 歌 伊藤久男

 からまつ林 遠い道
  雲の行方を見つめてる
   サビタの花よ 白い花
    誰を待つのか メノコの胸に
     ほのかに咲いた サビタの花よ

 いとしの君は ほろほろと
  楡の並木を どこへ行く
   花かげ白く 月の宵
    待てどはかない メノコの恋は
     かなしく咲いた サビタの花よ


YouTubeの「サビタの花 伊藤久男」で本人の歌がきけます。

by snowmelt | 2010-08-02 22:17 | 植物 | Comments(2)
Commented by tintin(タンタン) at 2010-09-21 12:17 x
これはまた、素敵なお花ですね。そして!色々な用途があったとは勉強になります。更に、いただきものの、我が家にあるあじさいにも似ている気がしております。鉢植えに入れているので小さいのですが、花の感じはそっくりです。かわいいあの子はのりうつぎ君?
Commented by snowmelt at 2010-09-21 17:48
アジサイ属ですからね。周りのハナ、装飾花のみの園芸種をミナヅキといい、六月に咲くからだと書いてあります。


<< 獰猛なハエ YouTube動画      オニノヤガラ 腐生蘭 YouT... >>