北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 23日

Singing sand 鳴り砂・鳴き砂

青森県下北半島太平洋岸の鳴砂です。

なりすな、なきすなとどちらも云うのでしょうが、

自らは鳴かないので鳴り砂が正しいという見解があります。

でも砂がなくと言ったほうがロマンがあると思います。


ビデオの視界からはなんとかはずしていますが、
現場の周りはゴミだらけです。

ゴミを見て、砂は 泣いて いるでしょうね。

さいわい観光地にはなりません。



by snowmelt | 2010-06-23 21:23 | Comments(4)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-07-05 20:42 x
泣いている砂の声、まるで小鳥のようですね。
波打ち際の水面に雲が映っていました・・・・

ごみがなければこんなにきれいな砂浜なのに。
私も泣きたいです。
Commented by snowmelt at 2010-07-05 21:19
森のどんぐり屋さん。こんばんは。

器にいれて棒で突くともっといい音が出ると思いますが、
ながぐつでズリ足が、てっとりばやいのでした。
どこの砂漠かはしりませんが、風で鳴くなきすなはすごいですね。 

海岸のゴミの量はたいへんなものです。
都会の人が言っていましたが、青森のひとたちはゴミの意識はひくいねと。まったくです。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-07-06 21:37 x
各地でピーチコーミングしてる人が口をそろえて嘆いています。
ごみを見に行くような気がすると。
決して青森だけではないと思います。
Commented by snowmelt at 2010-07-06 23:20
そうでしょうね。でも、撮ってありますが、とてもとてもすごいものですよ。レンズの広角域にで全部がゴミで埋め尽くされていますよ。
まあ、二重に積み重なっていないだけいいですか。

漂着物として拾う気になるようなものは皆無ですね。


<< 一瞬イワナが走るの動画      エゾムシクイ・タゴガエルの鳴き... >>