北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 23日

ひばり 雲雀 動画

「ひばり」という歌があった。

といってもうろ覚えであったので、
インターネットで調べたら、同じようにうろ覚えの人が質問していた。

そこでの答えでわかったことでした。

--- ぴいぴいぴいと さえずるひばり
     さえずりながら どこまであがる
     高い 高い 雲の上か
     声は聞こえて 見えないひばり

     ぴいぴいぴいと さえずるひばり
     さえずりやんで どこらへおちた
     青い 青い 麦の中か
     姿かくれて 見えないひばり ------

 乙骨三郎(おっこつさぶろう)作詞  作曲不祥の文部省唱歌1911年
 この人の作詞は
         今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと の「汽車」も
         でてこい でてこい 池のこい の「池のこい」もそうだとあった。

 なぜこの唱歌を聞き覚えているのかわからないが、
 わかるのは何歳ぐらいまでのひとだろう。
 インターネットをつかう人の何パーセントになるのだろう。
 
 
ヒバリは「どこらへおちた」がぴったしです。
 急にトーンと落ちてきて、地上すれすれで水平に少し飛び、着地する。
 なかなか見えない。撮せない。
 次の動画では最後に急降下のシーンがあります。

 1分15秒のジェージェッという声は足下のハタネズミの声です。

 2分20秒に
 向こうから刀をもって駆けつける侍のごとき走りがありますが、

 自分?のメスに近づいてきたオスを追い払うための行動です。
 この頃はなわばりをつくるというより、メスの確保に懸命のようです。
 

by snowmelt | 2010-04-23 22:52 | 鳥類 | Comments(0)


<< ヒバリ 囀り 動画      ヤマアカガエルの蛙合戦 You... >>