2010年 03月 24日

ヤドリギの実をくうヤマドリYouTube動画

YouTubeの方が画質が良さそうです。
ヤマドリがヤドリギの実を好むことを知っている猟師は
それを狙うといわれています。

これに、スウェーデンのKDArvidsson11さんからgoodのコメントをいただき嬉しくなっています。

by snowmelt | 2010-03-24 16:52 | 鳥類 | Comments(6)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-03-25 13:37 x
ヤドリギに実がなると知りませんでした(汗)
なので、その実を食べる小鳥がいることも、知りませんでした。

一生懸命食べていますね! 美味しいのでしょうねえ?
Commented by snowmelt at 2010-03-25 14:11
ヤドリギには赤い実をつけるのと黄色い実をつけるのとがあります。高いところのヤドリギをよくたべているのは、キレンジャクとヒレンジャクです。たべたあとのそのフンは粘りけがあって50センチも長い糸をひいた納豆の様です。
ヤドリギの種がそのねばねばで別の木にくっついて芽を出すという仕組みだそうです。
Commented by tsuchihashia at 2010-03-25 16:15
ヤマドリがヤドリギの果実を食べるとは思いも寄りませんでした。
この映像を観て単純かもしれませんが、こちらではエゾライチョウが食べたりするかもな~なんて思ってしまいました。
ところでこのヤマドリが食べているヤドリギ、下の方は果実が赤いように見えますが、アカミノヤドリギでしょうか?
Commented by snowmelt at 2010-03-25 16:51
猟師はヒョウノミと呼んで、そばに粗末な小屋をたてて、待ち伏せするとか。
この実は赤いので平凡社の「日本の野生植物・木本」には「果実が橙赤色の品種をアカミヤドリギという」とありますし、
ヤドリギは「果実は・・・淡黄色に熟す」とありますので
アカミヤドリギだろうなとは思っています。
(つぶろぐとやらはのぞいたことも、どうやっているのかもわかりませんがちらっとお教えください。)
Commented by tsuchihashia at 2010-03-26 12:22
最近書いたヤドリギの記事の中で、道南ではアカミノヤドリギを見たことが無いと書いたのですが、そちらにあるとしたら、こっちにもあるはずですね。
これからも注意して探してみます。
ご教示ありがとうございました。
(猟師さんが呼ぶ「ヒョウノミ」とは、どんな意味なのでしょうね?)
Commented at 2010-03-26 12:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< フクジュソウ      ミソサザイの囀り行動 YouT... >>