2010年 02月 25日

ゆきとびむし

雪深いなかで、春を感じるものはいくつもある。
福寿草の花は最高だ。

雪の上に出てくるものがいる。
無数に、ゴミのように。
でも動いている。
e0039759_229240.jpg

もぞもぞではない。
踊るように跳ねている。じっとしていない。
日当たりが好きかといえば、やや影になるほうにいつのまにか動いている。
e0039759_22121794.jpg


ユキトビムシというのかちゃんとは調べていない。
でもアイヌの本には書いてある。

ウパシ・ニンカプ upasninkap  [ upas(雪)ninka(消す)-p(者)]
雪を減らすもの
ウパシ・ルレプ(雪をとかすもの)と
e0039759_22192060.jpg

e0039759_22195262.jpg

トビムシはSpringtail だ
尾叉がバネになっていて、
留め金をはずすと、はじいて飛び出すのでトビムシSpringtail なのだ。
でも春もSpringとはこれらユキトビムシにお似合いですな。
e0039759_2227187.jpg
e0039759_22273246.jpg

e0039759_22275761.jpg

e0039759_22281680.jpg


追記写真
カワゲラの一種です。これも黒っぽい。
e0039759_942946.jpg


by snowmelt | 2010-02-25 22:28 | 昆虫 | Comments(3)
Commented by ミミズ好き at 2010-02-26 00:05 x
ご無沙汰しております。
やはり、雪の上でも生き物が結構いますね。
黒い色で雪面のアルベドを小さくするのですね。
コオリミミズなんかも色が黒いですよ。
Commented by snowmelt at 2010-02-26 09:08
コオリミミズとは氷の中にいるのですか?
すごいね。
何を食べているのでしょうね。
トビムシはもう少しすればネコヤナギやなんかの花粉を食べることになるのでしょうが、いまは何があるのか。わかりません。
Commented by ミミズ好き at 2010-02-27 10:32 x
コオリミミズ、雪や氷上の珪藻類を食べているようですよ。
雪や氷の世界にも生き物の営みがあるというのは不思議で面白いですね。


<< コガラ      気温4月中旬並み >>