2010年 02月 20日

カンタンの鳴き姿You Tube動画に

カンタンのゆめ・邯鄲の夢(・・・八十余年で一生を終わった夢を見たが、さめて見るとまだキビ黍は煮えていなかったという故事から
人の一生の栄枯盛衰は夢のようにはかないという語)の邯鄲はシナの古地名で
鳴く虫の邯鄲カンタンとの関係はあるのかな。
虫のカンタンは秋にはどこでも鳴いている。
りーりーりーりーりーりーりーりーりーりーりーりーと際限なく鳴くのですが、
鳴いている位置を特定するのはいつも困難です。

何回か探すことができたカンタンは、
ちゃんと音響効果を考えたステージというか、反響板のところで鳴いているのです。
どういう設定かというと穴のあいた広い葉っぱ、蕗ふきでも葛くずでも、中央近くに小さな穴があればその穴から首まで出して背中の翅はねをこすりあわせて発音します。
そうすれば、葉っぱがスピーカのコーンのようになって音を大きくさせているようなのです。
ツユムシのように茎にとまって演奏するよりずっと音響面で道具をつかっているとさえ感じます。
虫でさえ道具・舞台を使うという考えはいいんでないですか。

" target="_blank">ここにカンタンの鳴き姿動画をのせておきます。

姿勢は腹を天に向けています。仰向け姿勢です。

ここにカンタンの鳴き姿をYou Tube動画にのせておきます。
超接近マクロのビデオなので音ボリュームが大きいかもしれません。

by snowmelt | 2010-02-20 10:59 | 昆虫 | Comments(0)


<< アメマス(エゾイワナ)のYou...      シメがダンディライオンの種をく... >>