北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 03日

コオニグモモドキ♀ 卵 子グモ

コオニグモモドキは図鑑ではコガネグモ科で円網を張るか不明と書いてある。
インターネットで見ると、
「円網を使わないオニグモ コオニグモモドキの場合 谷川明男」
というのがあった。
いまいち理解力不足でよくわからないのであるが、
”一本の糸の真ん中にいたと思ったが、それは二本の糸の真ん中であって、手を離せばもう一方にぶら下がる”という様な説明である。

どうも、水平か、V字の真ん中にクモがいて、たとえば右手を離せば、
左の方にぶら下がるというのだろう。

ただし、ぶら下がるのは左手ではなく、糸を出すイボということらしい。
こういう糸は、一筆書きでできますかな?

写真のコオニグモモドキ♀(4~5ミリ)は、2009.07.20に青森県下北半島で採りました。
07.25に卵嚢をつくりました。
どんな糸を張るのか見たかったのに、07.26には死んでしまいました。
e0039759_22433484.jpg

卵嚢です。
e0039759_22463981.jpg

今日08.03に見てみると子グモになっていました。
e0039759_22472926.jpg

2、30キロ離れていますが、
子グモの何匹かでも、大きくなって糸を張るのをみせてほしいとお願いしています。
2匹でも大きくなったら、元のところに返しますので。

by snowmelt | 2009-08-03 22:51 | 動物 | Comments(3)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-08-04 11:32 x
どのようにして飼われるのですか?
Commented by snowmelt at 2009-08-04 22:04
私の庭はカモシカがくるようなところですので、半畳くらいの草のかたまりの中に今、おいています。分散してもそのかたまりの中にいくらか残るだろうという甘い考えです。なにしろ、糸を張るのは夜中らしいので、手近に置かないと、見られないかと思っています。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-08-08 12:02 x
うまく行くといいですね。
期待しています!


<< アカアシカスミカメ モンキクロ...      ナメクジの空中移動3?テレポー... >>