2009年 07月 29日

ナメクジの空中移動?テレポーテーションモドキ?

「ナメクジはテレポーテーションをする」と書いてあった。

「小川のこちら岸の草に一匹のナメクジがいた。それを見ていたら、そのナメクジがだんだん消えていった。

と、見たら、向こう岸の草の葉に、一匹のナメクジが出現した」
これが、ナメクジのテレポーテーションだ、というのがなんかの雑誌にあったそうだ。

これを見たある少年はナメ研を創設し、いろいろと実験した。が、だめだった。
網戸のネットの穴くらいはすり抜けて(いなくなった)いける、とわかったが、ストッキングは脱出できなかった、と判明しただけだった。

ナメクジの体が分子になって空間を移動して、また別の場所に合成して現れることなど・・・。

さて、次の写真は「明るく」して「コントラスト」をいじってありますが、合成写真ではありません。
ガラスなど道具は使っていません。
これは、どう解釈しますか。

空間移動みたいでしょう。
e0039759_9572542.jpg


by snowmelt | 2009-07-29 10:01 | 動物 | Comments(2)
Commented by tsuchihashia at 2009-07-29 12:48
「ナメクジがテレポーテーションする」話は、僕も子供のころ本で読みました(ミニコラム的に書かれていたような記憶があります)。

写真は・・・葉の向こう側にいる影? (可能かどうかは分かりませんが)クモの糸を伝ってる? など考えましたが、真相は如何に・・・?
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-07-30 09:12 x
2枚の葉っぱが、わりと近い距離にあって、う~んと体を伸ばして移った、というのはどうでしょう?

デンデンムシだと、相当な距離を体をのばして移動します。
殻から抜けちゃわないかと心配になるくらい伸びます。


<< ナメクジの空中移動2?テレポー...      イシクラゲ 原核生物 陸生らん... >>