2009年 07月 09日

トビケラの群飛とそのビデオ動画

ナガレトビケラのなかまと思われるものが、
林道上で群飛していた。
私は初めて見た。
2.3百はいたのではないか。
牛にたかるハエかアブにも似たとびかた。
すごい速さとテンポで曲芸飛行する蛾なのかとも思った。
でも、どうもナガレトビケラのなかまにみえるが、
なんだろう。
HN思案中さんから貴重なコメントを戴きました。
『Ceraclea complicata (ナガツノヒゲナガトビケラ)のようです』とのことです。
みみず屋さんもおっしゃっているように、ヒゲナガトビケラなんですね。

ヒゲナガトビケラ科 タテヒゲナガトビケラ属 Ceraclea complicata ナガツノヒゲナガトビケラ
http://www.geocities.jp/tansuigyo_ofi_kke/KonntyuuNagatunohigenaga.html
これですねー。

e0039759_225586.jpg
e0039759_22553176.jpg
e0039759_2256040.jpg
e0039759_22562551.jpg
e0039759_22564490.jpg

長い触角がそれぞれ天と地へむいている。
どんな飛び方か、
ここに、ナガレトビケラの仲間 ナガツノヒゲナガトビケラと思われるものの群れ飛ぶ姿の動画をのせておきます



みみず屋さん、ミミズでもトビケラでも、なんですね。こんど太く短い(13-14センチの)ミミズをアップしますね。
今、手持ちで撮しましたのでアップします。どうぞよろしく。
e0039759_2282149.jpg
e0039759_2284654.jpg
e0039759_2291663.jpg
e0039759_2293548.jpg
e0039759_2295740.jpg

e0039759_22102141.jpg

e0039759_22104112.jpg

e0039759_2211796.jpg

e0039759_22113219.jpg

e0039759_22115783.jpg


by snowmelt | 2009-07-09 23:01 | 昆虫 | Comments(5)
Commented by みみず屋 at 2009-07-10 19:58 x
おお!
私、実はトビケラも大好きなのです。
パッと見はヒゲナガトビケラ科か?と思いましたが、ナガレトビケラ科かもしれません。
オスの交尾器を見れば科レベル、もしくは属レベルまでならわかるのですが。

採取してみたいものです。
Commented by HN思案中 at 2009-07-12 00:47 x
初めまして.
いつもすばらしい写真や動画を見せていただき,ありがとうございます.見たこともない生物も多く,ずっとROM状態でしたが,見覚えのある昆虫が出てきましたので,コメント欄に初めて書き込ませていただきます.飛翔中の個体では即断はできませんでしたが,標本写真の個体は Ceraclea complicata (ナガツノヒゲナガトビケラ)のようです.
日没の頃の群飛は見たことがありますが,林道上での群飛は何か理由でもあったのでしょうか.
Commented by snowmelt at 2009-07-12 21:36
HN思案中さん、はじめまして。ありがとうございます。ナガツノヒゲナガトビケラというものですか。ツノとヒゲとはちがうのでしょうね。どれがツノなのでしょうか。この写真を撮り始めたのは15時15分の記録になっていますが、午後3時にはすでに飛んでいいました。太陽は出ててない曇り空ですが、日没まではまだまだでしょう。林道20キロぐらいでも、ここ一カ所しか気づきませんでした。路上の水たまりは他にもありましたが。早速上記の文にかえます。ありがとうございます。
Commented by HN思案中 at 2009-07-12 23:31 x
snowmelt様
ご返信ありがとうございます.
和名の由来ですが,雄交尾器の把握器の下部突起が角状に長く伸びていることにちなんで命名されています.たしかに "ツノ" と "ヒゲ" が和名に連続して付いていると紛らわしいかもしれませんね.
群飛につきましては,明るい日中には飛ばないだろうと,はなから思い込んでしまっていて,よほど多くの個体がまとまって飛んでいないと気がつかない・・・,という面もあるのかもしれません.機会があれば日中からも観察してみたいと思います.
Commented by みみず屋 at 2009-07-21 22:15 x
久し振りに拝見させていただきましたら、交尾器がきちんと撮影されていて驚きました。

HN思案中様がおっしゃる通りでしたね。
東方の近所の河川にもこの種はたくさんいます。
青森にもたくさんいるものなんですね。

ちなみに、みみず屋とは名乗りましたが、水中の小さなやつしかわかりません。
大きいのは門外漢です、あしからず・・・。


<< オドリバエ科の一種 Trich...      ヒトツメカギバ カギバガ科 蛾の一種 >>