北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 30日

オトシブミの揺籃づくり ④ カシルリオトシブミ?

オトシブミの揺籃作づくりのカシルリオトシブミ?の部の最終回です。
e0039759_10542397.jpg
e0039759_10544048.jpg
e0039759_1055249.jpg
e0039759_10552183.jpg

e0039759_10554163.jpg
e0039759_1056654.jpg

オスがまたやってきましたが誰なのか何のためなのかわかりません。
e0039759_10562615.jpg
e0039759_1056506.jpg
e0039759_1057943.jpg
e0039759_10573452.jpg
e0039759_10575672.jpg
e0039759_10581430.jpg
e0039759_10583680.jpg
e0039759_1059077.jpg

何度も周りをまわって仕上げをしているのか、
点検しているのか、
e0039759_1105075.jpg
e0039759_111556.jpg
e0039759_1112699.jpg

このオトシブミは揺籃文を落とすタイプの落とし文です。
これから、切り離しにかかります。
e0039759_1132544.jpg
e0039759_114115.jpg

これは切り離し直後です。
今か今かとシャッターチャンスをねらったのですが
あとのまつり
e0039759_114434.jpg

e0039759_1164087.jpg
e0039759_117263.jpg
e0039759_1172249.jpg

以上です。
すごいことと思うのは3.5mmぐらいの体で、オオイタドリの葉のひろさのなかから
どういう方向で、どれくらい裁断するかと言うことです。
①の最初の写真で、直線的なものから右下がりになる寸前で、
彼女はいったん右の端まで移動して戻りました。そしてすごいカーブを描いた裁断を続行するのですが、

このとき距離を歩幅で測ったのではないかと想像しているのです。

歩幅を尺度としても方向はどうやって?わかりません。
すごい自然だ、まいるねー と思うのです。
虫一匹に対してでも、 「この子は」などという言い方はできない感覚になるのです。

追記、ちがう種類のオトシブミが揺籃を落とす瞬間をビデオに撮りました。なんということはないけれど
デジカメスチルでは撮れなかった落ちていく文をごらんください。

by snowmelt | 2009-06-30 11:27 | 昆虫 | Comments(0)


<< ハエの一種、シマバエの一種      オトシブミの揺籃づくり ③ カ... >>