北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 18日

牛のホネ

牛の骨が一体分捨てられてあった。狂牛病?まさかね。
すこし不思議。
e0039759_22383657.jpg
e0039759_2238595.jpg


by snowmelt | 2009-04-18 22:40 | 動物 | Comments(6)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-04-19 17:00 x
動物の骨といったらタヌキの骨しか見たことないので、カモシカとか牛は初めてかもしれません。

たしかに牛の骨が落ちている(?)というのは不思議です。
牧場から逃げ出して、エサがなくて死んだというようなことも、まずないでしょうし・・・

しばらくご無沙汰していたら、たくさん更新なさっていたので大変です。
また来ます!!
Commented by snowmelt at 2009-04-19 19:52
森のドングリさん、お待ちしていました。パソコンが新しくなりました。ウイン2000からVistaになりました。ディスプレイも17から21ワイドかな。
でも相変わらず動画はFLVですのでふつうの速度でごらんいただけると思います。高画質などにすればADSL26の私は見られません。

イタチが轢かれていました。自然に骨格標本になればアップします。
ちょっと時間がかかるかな。
4月はれて自由の山歩きを開始しました。
Commented by 三冬 at 2009-04-21 21:22 x
この牛コツはキレイすぎるので、絵を描く道具かもしれませんね・・・
美術室にも備品として一個あります。私も大学生の時に描かされました。
肉が落ちてきれいになった骨というよりは・・・デッサンのための骨ではないでしょうか?????
Commented by snowmelt at 2009-04-21 22:58
ホネの継ぎ目がいいですね。デッサン用に持って行きましょうか。
小鳥の墓あばきをさせたり、ホネ集めに抵抗感がなかったり、やはりすこしおかしいかな。
Commented by 森のどんぐり屋 at 2009-04-22 10:26 x
先日新しく知り合った人が、「なにわホネホネ団」という所に属している人です。(URLを入れられないので、良かったら検索してみてください)
この集団の参加資格が「タヌキ一頭の皮を、一人でちゃんと剥げること」というのです。
私は今から入団しようとは思いませんが(チリモンで忙しいので)タヌキの皮の剥ぎ方には興味があるので、教えてもらうことになっています。

>やはりすこしおかしいかな。
少しおかしい友達かも???

Commented by snowmelt at 2009-04-22 14:45
野ねずみ標本にフラットスキンというのがあります。ネズミ調査の習いたての頃、手首先、足首先はつけたまま、しっぽは皮だけあとの中身を全部とって型紙にかぶせ、ノシイカ状態にした標本です。目の周りを剥ぐのが難しいよと教わりました。頭骨は肉をカツオブシムシなどに食べさせてホネだけにして別に添えておく。何十匹かの標本はまだあります。


<< 時計がくるったか ケムシ      リュウキンカ属 >>